So-net無料ブログ作成
検索選択

木村伊兵衛のパリ [Photo]

 わけあって、銀座のHERMESに行ってきました。もちろんこれまでは一度も行ったことが無く、多分これからもいかない(?)であろう、有名ブランド店。建物一面ガラスのタイルで覆われていて、屋上には旗が立っているし、ドアマンが立っていて、ドアを開けてくれる。買い物に来たわけではないのに。。
 それなのに何でHERMESに来たかと言うと、ちょうど「木村伊兵衛のパリ」という写真展を開催していたからだ。木村伊兵衛は土門拳と並んだ日本を代表する写真家だ。彼の名を称した木村伊兵衛賞という賞もある。その賞の受賞者には、もうすぐ公開される映画「さくらん」の監督を務めた蜷川実花がいる。話がずれたが、木村伊兵衛という人はまだ海外旅行が珍しいといわれた1950年半ばにパリにカルティエ=プレッソン(パリの写真家)を訪れ、カラー写真を数多く撮っていた。今回はこの中からいくつかピックアップして展示されていた。

 写真は1954~55年と今からもう50年以上も昔のパリのものだった。自分はまだパリに行ったことがないので(3月に訪れる予定であるが)、街の様子がどのようなものかはわからないが、展示されていた写真はどれもその時代のパリを確かにとらえていた。街の人達の服装は今よりも落ち着いていて、戦争の傷跡が残っている印象を受けた。しかし、そこに映っている人々の表情は今と何ら変わらず、生活をしている様子であった。木村伊兵衛の写真はこれまできちんと見ていなかったのだが、今回見て思ったことは、単純だけどすごい人だってことだ。
彼の被写体の多くは人物なのだが、何がすごいかというと、写真を見ているだけでそこから被写体の感情が伝わってくる所だ。彼は被写体の自然な形を多く撮っていたので、それもそのはずだと理解できるのだが、人々が見せる自然なしぐさ、その一瞬を狙って写真を撮っている。まるで目の瞬き、その瞬間がシャッターのように。自分もパリに行ったらそんな写真が取れるだろうか?なんて少し想像してみた。

 展覧会には午前中に行ったのだが、ちらほらと見に来ている人がいた。良い作品という物は作者が死んでもその時代の人の心に行き続けるものだなぁと思った時間でした。ちなみにこの展覧会は1/21までです。無料でみられるので、興味がある方はどうぞ。

木村伊兵衛のパリ

木村伊兵衛のパリ

  • 作者: 田沼 武能, 金子 隆一, 木村 伊兵衛
  • 出版社/メーカー: 朝日新聞社
  • 発売日: 2006/07
  • メディア: 大型本


nice!(0)  コメント(0) 

うーん・・・ [Photo]

ひそかにプロフィール画像を変えてみたのに

続きを読む


ひょうがきた [Photo]

忘れてた。(書くのを)

続きを読む


サクラ サク [Photo]

今週の月曜に代々木公園に行って来ました。

続きを読む


Photo 2 [Photo]

今日のわんこPartII 物思いにふけっているわんこなのでした。。。


Photo 2(空) [Photo]

ふじかわさんの空シリーズに魅せられて、自分も空の写真をupしました。

これは2年位前に鎌倉で取った写真です。

季節は多分冬だったと思いますが、空の色と雲の形が柔らかくて好きな写真の一つになってます。

関係ないけど木村カエラの「sora」って曲が好きです。(4月のライブに行きたいなぁ・・・)

空を見てると心の中のもやもやが消えて晴れ晴れとしたした気持ちになります。

 


Photo 1 [Photo]

今日のワンこ(ミニチュアダックス、♂、3歳半)

写真からは物悲しそうな表情をしていますが、結構悪い奴です。そこがかわいいところなんですが。


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。